アドヴァンスド・オープンウォーターダイバーコース(SSI)のご案内 ダイビングインストラクター サイトマップ
ダイビングインストラクターとダイビングスクール ワンダーリーフ
お問い合わせ   HOME > ダイビングライセンスを取得する > 各スペシャルティコースのご案内
ダイビングライセンスを取得する

アドヴァンスド・オープンウォーターダイバーコース


*只今、キャンペーン実施中!

  詳細は下記ページをご参照ください
  http://www.diving-instructor.jp/license/stepup-kyanpein.htm




オープンウォーターコースで、ダイバーになってダイビング基本を修得したら、早速ステップアップ! アドヴァンスコースでは、あなたの『遊びの幅』を広げてくれるだけでなく 知れば知るほど自分のためになる『安全性』も、いつのまにか身に付く講習を行います。

アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー講習の仕組み

通常のファンダイビングの合間に4つのスペシャルティを遊び、楽しみながら受講して頂くと 『気付いたらあっという間に24ダイブ!』と言った感じで、アドヴァンスのカードを申請することができます。基本的にスペシャルティにつき2本の海洋経験(講習)が必要です。事前に学科講習を受講します。いくつかのスペシャルティを組み合わせて受講することも可能ですので、料金に付きましてはこちらをご確認下さい。お勧め(基本)スペシャルティは、ナビゲーション・ボート・ディープ・ナイトです。

『アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー』コース Q&A

『アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー』を取得していたら、海外でもっとレベルの高いポイントヘ行けるって本当?!

本当です!
海外でのダイビングは自主性が高く、なんでも自分でこなさなくてはいけません。そこで『アドヴァンス』を取得されているダイバーは、実際にイロイロな経験(講習)をしているとみなされて、普段は行けないようなポイントへも挑戦できるのです!大物遭遇率も『アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー』でグット高くなる!?


私はまだまだ初心者だから受講は早いのでは?

その質問はよく耳にします。
何事も練習をしなければ上手くはなりません。確かに本数をそれなりにこなせば上手にはなるでしょう。しかし、ファンダイビングを50本潜ったダイバーと、『アドヴァンスドコース』を受講して24本に到達したダイバーのスキルや安全性は、目に見えるほど違います!だから、『早過ぎる』ではなく『早いに越したことはない!』です。


モニタースケジュール

下記は『アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー』を沖縄でまとめて受講した場合の標準スケジュールとなります。ご参考下さい。

1日目 日中→沖縄到着※スタッフが空港までお迎えにあがります。
夕方→ナイトダイビング
2日目 朝→宿泊ホテル(那覇周辺)までお迎えにあがります。2ビーチダイビング(ナビゲーションなど)
夕方→ナイトダイビング
3日目 朝→宿泊ホテル(那覇周辺)までお迎えに上がります→2ボートダイビング(ディープ・ボートなど)
申請用紙に記入(ダイビング本数が24本に達している場合,カード発行手続き)
4日目 お帰りの日

ダイビングインストラクターMENU
  1. スキューバーダイビングをはじめよう!
  2. 体験ダイビングをしよう!
  3. ダイビングライセンスを取得するには?
  4. ダイビングライセンスを取得する!
  5. ステップアップコースのご案内
  6. ワンダーリーフの主張
ダイビングライセンス TOPへ
ワンダーリーフ最新情報

ダイビングライセンスを取得する
ダイビングインストラクターになる

ダイビングツアー情報
ワンダーリーフ写真館
ワンダーリーフへのアクセス

ワンダーリーフ大阪 STAFF紹介

ワンダーリーフ大阪 掲示板

ダイビングインストラクター.jp サイトマップ

ダイビング リンク集

ダイビングインストラクター お問い合わせ・お見積もり